トラベルタイム
HOME > 沖縄旅行・観光編 > 沖縄の食文化

沖縄の食文化

日本本土とは異なり、四季が不明瞭な気候であるため、本土で一般にみられる食材(品種)を栽培出来ないことも多い一方、特有の食材も見られ、使用される野菜類が本土とはやや異なり、キノコ類の使用も少ない。また、香辛料は多用されず、海に囲まれた多島の県であるが、魚料理があまり発達していないという特徴を持つ。

食文化としては、地理的に近い鹿児島県の薩摩料理と台湾の台湾料理の影響が強いが、歴史的経緯により、食材の流通ルートや交易範囲が変化したことも大きく影響している。また、気候的に稲作には適さない土地柄のため、戦前は甘藷を主食とし、戦後しばらくは米軍配給の小麦粉に依存した食生活であったことも本土とは異なる点である。

明治以前の琉球王国時代には、支配した薩摩藩を初め、交易範囲の中国・東南アジア・朝鮮などの影響を受けた。特に中国からは医食同源の思想を受け、沖縄方言で食べ物を「クスイムン」(薬物・くすりもの:「薬になる体にいいご飯」の意味)、「ヌチグスイ」(命の薬)とも呼び、長寿の秘訣になっているという指摘もある。豚肉と並び沖縄料理に欠かせない昆布は北海道など沖縄県以外が産地であるなど、その歴史は素材に至るまで複雑なものとなっている。

明治期の琉球処分後は、本土の一般的な食文化にも影響を受け、沖縄そばなど、明治以降に誕生した料理も現在では広く沖縄料理として認識されている。また移民や出稼ぎが奨励され、多くの県民が日本本土のみならずブラジルやハワイ、フィリピンなどへと渡航したことで、これら地域の料理が紹介され定着している例もみられる。

第二次世界大戦後は米軍の軍政下に置かれ、日本本土からの食材の流通が途絶えたこともあり、アメリカから輸入された保存食のポークランチョンミートや各種の缶詰料理も定番化した(アメリカ併合後のハワイや第二次世界大戦後の韓国と類似する)。また、こうした素材を利用した料理やタコライスなど独自の食文化も花開いていった。

なお、本土では一般的に「東の豚肉、西の牛肉、九州の鶏肉」と1人あたり消費量をもとに肉食の嗜好が言われるが、沖縄県では豚肉の消費量が多い。また、アメリカの軍政下に置かれていたが、パン・牛乳・チーズなどの消費量は少ない。

長寿食としての沖縄料理

沖縄県民は平均寿命が高いことで知られているが、これは現在既に高齢者となっている70代以上の年齢層が平均を上げているもので、アメリカ式食生活が普及しだした後に生まれた50代以下の平均余命を調べてみると、逆に全国各県の平均を大きく下回っており、それ以上の年代との明らかな格差が見られている。また豚肉をよく食べるようになったのも実は戦後のことであり、戦前にはハレの日のごちそうとして年に何度か食膳に上る程度で、一般家庭の日常食は芋や野菜を中心とした質素な粗食であったという。

同様の例が、沖縄県から世界各地、特にハワイや南北アメリカ大陸など肉食文化の地域への移民の間にも見られ、高齢の沖縄系移民における生活習慣病発症率が、その土地の平均より低めである事が多い。

これらの統計からも、旧来の沖縄料理が長寿食として計り知れない影響力を持つ、琉球方言での名の通り「ぬちぐすい」(命の薬)であると同時に、ファストフードに代表される戦後世代の食生活の危険性を浮き彫りにするものであると言えよう。