トラベルタイム
HOME > 沖縄旅行・観光編

沖縄旅行・観光編

沖縄県は全周海に囲まれた「海洋大国」であり、我が国で特異な歴史を有する地域です。
ダイビング、マリンレジャー、エコツアーなど、海を満喫するためのマリンレンジャー施設やダイビングショップなどが多数あり、自然と触れ合うためのエコツアーなどが揃っています。

沖縄圏内の観光施設は、歴史や文化、平和など様々な分野があり、観光に訪れる人々を魅了しています。

琉球王朝に王府があった「首里城」をはじめ、県内各地に点在する、御嶽(うたき)や、世界遺産にもなっている「グスク」など、歴史を訪れる旅が注目を浴びている。又、古くからの家屋や人々の暮らしを再現した観光施設もある。特に、沖縄の歴史を知る上で欠かせないのが戦争の記憶です。沖縄本島南部は、沖縄戦で多大な犠牲がはらわれた地域で、摩文仁(まぶに)の丘一帯は沖縄戦跡国定公園に指定されています。

国定公園の中心として整備された『平和祈念公園』内には、『平和の礎』『沖縄県立平和祈念資料館』が設けられており、『ひめゆりの塔』『ひめゆり平和祈念資料館』もこの地域にあります。

沖縄料理

本土のように肉食の禁忌がなかったため(牛肉のみ王府によって禁止)、、豚肉料理が伝統的でヤギ肉も食べることもある。豚の血液を料理するチーイリチーは、沖縄県ならではのものと言える。

代表的な沖縄料理:
ゴーヤ、チャンプルー、沖縄そば、泡盛、アバサー(ハリセンボン)、グルクン、タコライス、スパムなど。

旅行産業

伝統・歴史・自然を生かした観光産業が盛んである。 特に水納ビーチは日本で最も有名なマリンリゾート地として知られ、また沖縄県においても重要な観光資源でもある。

平成20年度の沖縄への観光客数は5,934,300人(平成21年沖縄県公表)である。
訪れる外国人観光客は台湾(45%)、香港(13%)、中国(8%)、韓国(4%)という比率になっている。