トラベルタイム
HOME > イタリア旅行・観光編 > イタリアの食文化

イタリアの食文化

イタリア料理は地方色が強く、各地方料理のが合わさっています。
北部はオリーブオイルよりバターを好んで使い、南部はトマトを多様する。また沿岸部では魚を食べるが、内陸部はほとんど食べないなどの差もみられ、ヨーロッパとしては珍しくタコを食べます。

イタリアでは食事にワインを合わせる習慣があり、基本的にその土地のワインを飲みます。
サラミ、ハムなどの肉製品、チーズの種類の豊富さも特徴で、ピッツァコーヒーの消費も多くイタリア式の入れ方にはエスプレッソ、カプチーノ、カフェラッテが有名。

イタリア料理

イタリア料理は、イタリアを発祥とする料理方法で、世界の多くで好まれ多くの地域で料理されている。
地中海に面する地域は魚介類を用板料理も多く、地中海諸国以外のヨーロッパではほとんど食されることのない、タコt、イカが食材としてしようされている。内陸の地域では肉料理が多く食べられ、総体としては、素材を生かした素朴な料理が多い傾向にある。

パスタはイタリア各地で好まれ様々な形で料理されている。
トマトの多様も特徴のひとつですが、トマトは南アメリカ減算で、イタリアに広まったのは16世紀以降とされている。トマトの流入でバリエーションが増え、色鮮やかになった反面、それ以前の特徴の多くが失われ部分もある。

日本では「イタリアン」とも呼ばれ、俗に「イタめし」とも呼ばれる。

パスタ

主菜として第一皿で供され、多くの種類の麺類とソースの組み合わせがある。
また、サラダに入れたスープの具にしたり、時にはデザートとして供され幅広く利用されている。

ピッツァ(ピザ)

イタリアのナポリはピッツァの本場で、その代表がマルゲリータである。このマルゲリータは、イタリア王国のマル蹴りータ王妃がナポリ来訪の折に、ブランディという店が、ピッツァをイタリアの三色旗を模してトマト(赤)バジリコ(緑)モッツァレラチーズ(白)で記事を飾ったことに由来する。

イタリア語では「Pizza」はピッツァと発音される。日本ではアメリカ風ピザを「ピザ」、イタリア風ピザを「ピッツァ」と区別して呼ぶこともある。またイタリア国内で「ピザ」と発音すると、地名の「ピサ(Pisa)」だと勘違いされる場合もあるので、注意が必要。