トラベルタイム
HOME > フランス旅行・観光編 > フランスの食文化

フランスの食文化

フランスは食文化の面で、豊かな農産物と王制時代の宮廷文化を背景にしたフランス料理が有名であり、上流階級のフランス料理のほかにも地方毎に様々な特色を持つ郷土料理が存在している。

蕎麦のクレープや、ケーキなどの菓子文化も達成した。バケットやバタール、クロワッサンなどのフランス発祥のパンも、日本ではフランスパンと呼ばれて親しまれている。チーズ、ワインの生産国としても名高く、ACC法によって厳格に品質管理されたフランスワインは広く国内外に親しまれている。

カフェ文化が育ったのもフランスであり、17世紀鋼板に生まれたフランスのカフェ文化は、現在まで広く世界中に根付いている。

フランス料理

フランス料理(La cuisine francaise)とは、16世紀にイタリアよりもたらされた、当初はフランスの宮廷料理だった献立の総称。ソースの体系が高度に発達していることが特徴で、各国で外交儀礼時の正餐※1として採用されることが多い。

狭義としてはこうした正餐に用いる厳格な作法にのっとったオートキュイジーヌ(haute cuisine)と呼ばれる料理を指す。もちろんフランスの各地方には一般庶民に親しまれている特徴ある郷土料理も数多くあり、広義には高級料理だけでなくこうしたフランスの伝統料理全般も含める。

※1 最も正式で、格式の高い宴会。料理はオードブルから始まりフルコースでサービスされる。晩餐(ばんさん)ともいう。

フランス料理の料理の出る順番

1.オードブル
2.スープ
3.肉料理
5.チーズ
6.デザート

フランス料理の代表的なマナー

・ナプキンは全員が着席してメインのゲストが手に取っ手から他の人は使用する。途中で中座するときはナプキンを椅子の上に置く。
・ナイフやフォークなどは外側から順に使う(複数テーブルに並んでいる場合)。
・とりあえず皿へナイフ・フォークを置く場合は、八の字の形にする。
・食べ終わったら、ナイフは刃を内側にして、フォークと共に先を上にしてさらに並べておく。

高級料理店のような厳格な作法が求められない安価なフレンチレストランやビストロでも、前菜、メイン、デザートという流れはいずれも持っている。しかし、前菜を省略したり、デザートの変わりにコーヒーやお茶で済ますこともある。

フランスのワイン

現在、ワインの生産量ではイタリアが、ぶどうの栽培面積ではスペインがそれぞれ世界一位ですが、品質の高さ、洗練されたワイン文化、知名度などで、フランスの右に出るワイン産地はない。
これは、フランスの気候・風土が、ワイン用ぶどうの栽培に適していることが一番の理由であるが、1935年にAOC法を制定するなど、国を挙げて品質の維持・向上に取り組んでいることにもよる。

ワインツーリズム

ワインツーリズムとは、欧米では盛んな旅のスタイルの一つです。
ワインの産地を回りながら、時には作り手との交流を交え、ワインの作られた郷土の料理屋ワインを楽しむ小旅行です。

欧米では日帰りや宿泊プランのワインツーリズムが用意されています。